当院からの発信専用番号:080-2480-2318 080-8842-2520

最終更新:2022.4.3

オンライン診療をご希望の方は、次節「Ⅰ.オンライン診療の概要 」をお読みになり、「 II.申し込み 」へお進みください。

※ オンライン診療の制度が変更されました

  • 令和4年4月より、オンライン診療の制度が見直され、当院も従前の臨時対応から新制度でのオンライン診療に対応できるよう体制化しました。
  • 以前より違法であるいわゆる「お薬のみ」は現時点でも特例以外には解禁されていませんのでご留意ください。
  • 本則のオンライン診療については、「対象患者の距離要件」が撤廃されましたが、一方で「対面診療を適切に組み合わせて行うこと」とされました。
    一部マスコミの遠方からのオンライン診療全面解禁かのような報道もありますが、実際は通常定期的に来院可能な距離に居住(もしくは通勤)されている方が対象となるため、変わりがないようです。
  • 同時に「新型コロナ感染症蔓延時の臨時措置」もしばらくは継続となり、当面の新型コロナウィルスの蔓延中は対象者との対面診療の回避が優先される運用が求められるようです。
  • オンラインでは対面よりも得られる所見に限りがあり、診断の正確性に限界があります。
    このため、学会等の指針による「診療可能な症状・疾患」、「処方薬についての注意事項」に準拠する必要があります。
  • 特に耳鼻咽喉科における耳内・のど・鼻内の新たな症状についての診察は、オンラインでは内部を十分に観察できないため正確な診断は困難です。
    ただし、それらはかぜ症状(新型コロナ感染症)でもあるため、解熱鎮痛剤や咳止め等にて数日経過をみるためであれば、オンライン診療は院内感染対策に有効でもあります。

以上、オンライン診療の実運用は流動的で、当院における対象者は変更されることがあります。


Ⅰ.オンライン診療の概要

 対象者 

  • 上記を鑑み、当面の当院でのオンライン診療の対象は、花粉症・アレルギー性鼻炎でかかりつけのコントロール良好な方や、かぜ症状(新型コロナ感染症も含む)で自宅療養中の方、とさせていただきます。
  • オンライン診療を受けた方は、新型コロナウィルスの感染状況を考慮しつつ、原則的には2~3月に1回は対面診療が必要です。
  • 前項以外の症状について診察ご希望の方、当院初めての方、長期に受診されていない方 は、原則的には通常通りご来院下さい。
    ただし、新型コロナウイルス感染症蔓延時に症状に大きな変化がなく処方の継続をご希望 などの際はご相談ください。
  • 当院が全く初めての方で、花粉症についてのみならば、他の医療機関での過去の花粉症の処方内容と現在の他の内服薬について紹介状かお薬手帳でお示し可能な方は、例外的に対応します。 初回の処方は、最長で7日間になります。

 診察 診察後の緊急時の対応 

  • 診察は、原則的には診療時間内となりますが、通常の診察時刻前後で対応させていただくこともあります。
  • 当面は、LINE@、Skype@、Facetime@、Duo@などによるビデオ電話による診察となります。
  • やむを得ない事情次第では音声通話のみでも対応可能なことがあります。
  • オンライン診療後、薬の副作用等で急な症状の変化があった際は、原則的には当院を受診してください。ただし、当院の診療時間外で急を要する際は、最寄りの救急病院等にご連絡ください。(この点は特に対面診療と違いはないですが、行政からの明示義務に従います。)

 会計とお薬・処方箋の受け取り 

自己負担金のお支払いは現金以外に「銀行振込」と「 LINE PAY@の送金 」も可能です。
• 銀行振込は、埼玉りそな銀行へお願いします。振込手数料はご負担ください。
• LINE PAY@の送金機能には事前にLINE PAY@ 上で本人確認が必要となります。
• LINE PAY@以外の電子マネー等の取扱いはできません。
当院からもしくは調剤薬局からお薬の配送は可能ですが、実費が必要です。
また、当院から調剤薬局へ処方箋を郵送する実費も必要となります。
 ※LINE@やFacetime@などのビデオ電話で診察し、診療後当院へ直接来院されて会計と院内処方薬を受け取りに来られる場合は、追加費用はかかりません。

「お薬・処方箋の受け取り方法」やその他の詳細は、「 III.オンライン診療について 」を読み下さい。

II.申し込み

 注意事項 

  • 申込時にフォーム等にて必ず携帯電話番号をお知らせください。こちらからのお電話にて受付完了となります。
  • お申し込み後、まずは当院側でオンライン診療可能かどうか判断させていただきます。
  • オンライン診療中に必要となった場合は一旦診察を中止し、対面診療に変更となることがあります。
  • オンライン診療は、原則的に静かな個室で他の誰もいない環境で受診してください。
  • 用いるPCやスマートフォンのセキュリティーにはご注意ください。
  • 診察の録画はご遠慮願います。

 申し込み方法 

  • 以下の「 問診票フォーム 」からお申し込み下さい。フォームでは、「予約なし」を選択後、順次入力を進めて下さい。
  • 診察時間のご希望につきましては、フォームにて希望日、午前/午後を入力願います。特に可能なお時間のご希望がありましたら「その他の欄」に記載ください。
  • お支払い方法はフォームで指定可能です。診察時に変更も可能です。
  • 他院で処方されているお薬がある方は、お薬手帳の写真を添付してください。
  • 申込フォームが利用できない方、事前に相談されたい方は、受付時間内にお電話でご連絡ください。
  • オンライン診療時に保険証、各受給者証、身分証明書、の提示をお願いしますのでお手元にご準備下さい。

 ビデオ通話の準備 

iPhoneの標準ビデオ電話の Facetime@、Android携帯の標準ビデオ電話である Duo@ を使う際は、スマートフォンの設定からそれらの機能を有効化しておいてください。
その際にマイクやカメラ、内部フォルダへのアクセスを許可し、ご自身の携帯電話番号での着信を有効化しておいてください。


LINE@ を使う場合はスマホから次のリンクをクリックして「友だち」に登録し、「診察券番号(わからなければ生年月日)」と「氏名」をトークから送信して下さい。


Skype@ を使う際は次のリンクからアドレス帳に登録後、「診察券番号(わからなければ生年月日)」と「氏名」をチャットから送信して下さい。


III.オンライン診療について

1.診察日

 診察日は、原則的には診療時間内となります。

2.対象者

 上記 をご覧ください。

3.身分証明書・保険証等の確認

  • 申込時とビデオ通話開始時に、保険証・子育て支援の証書等の確認が必要です。
  • 他院で処方されているお薬がある方は、お薬手帳も手元に準備してください。

4.診察 診察後の緊急時の対応

 上記 をご覧ください。

5.会計とお薬・処方箋の受け取り

お支払い方法については上記をご覧ください。

処方薬・処方箋の受け取り方については、

  1. 院内処方でお薬をご家族かご本人が来院のうえ受け取る。
  2. 院内処方でお薬をご自宅へ送付する。(追加費用あり。10.参照)
  3. 処方箋をご指定の調剤薬局へFAXする。(追加費用あり。10.参照)
  4. 処方箋をご家族かご本人が来院のうえ受け取る。

の4つの方法があります。

これまでもほとんどの方が院内処方でしたので、他の人と極力接触したくなく、処方があった場合にすぐにお薬を手に入れたいという要望が最も多いと想定され、その場合の対応が a.となります。

6. 「5. お薬を受け取りにご家族かご本人が来院する。」場合の注意事項

  • 会計等へ玄関へ到着されましたらお電話ください。職員が屋外で会計とお薬のお渡しをいたします。
  • 事前に自己負担金をお知らせいたしますので、現金でお支払いの場合は釣り銭のないようご協力をお願いします。
  • 屋外での対応をご希望の場合でも来院時はマスクの着用をお願いします。

7. 「5. 当院からお薬をご自宅へ送付する。」場合の注意事項

  • 自己負担額を銀行振り込みまたはLINE PAY@の送金で入金していただき、確認後に郵便もしくは宅配業者からお薬を配送します。
  • 郵便局や宅配業者のトラブル、天候により到着に時間を要することがあります。

8. 「5. 処方箋をご指定の調剤薬局へFAXする。」場合の注意事項

  • 実際に処方されるお薬(メーカー)は、調剤薬局から連絡がありますので、ご相談ください。
    調剤薬局の取扱いの都合で、これまで当院で処方されていたお薬と異なるメーカーのお薬になることがあります。
  • また、特に耳鼻科特有のお薬で在庫がない場合は、取り寄せ後、翌日以降の受け取りになることがあります。
    特に土曜日など休日(連休)前の場合は休日(連休)明けになることがありますのでご注意ください。
  • 調剤薬局は診察時に指定していただく必要ががあります。
  • かかり付け薬局の場合、オンライン診療の処方箋への対応が可能か事前にご確認下さい。
  • まだ、お決まりでないようでしたら、オンライン診療に対応可能な薬局をお決めになり、初めての利用でも対応可能かを事前にご確認下さい。
  • 指定された調剤薬局に氏名・連絡先(携帯電話番号やメールアドレス)をこちらから通知させていただきます。
  • 処方箋の原本を調剤薬局へ送付する必要がありますので、送料として100円を追加でいただきます。
    個人情報保護の観点などから郵便書留等がご希望でしたら、 追加費用をご負担いただければ、申し受けます。
  • 当院の自己負担金・送料の領収書の原本を送付ご希望の際はお申し出下さい。上記と同様の送料のご負担で対応させていただきます。
    基本的には、次回来院された際にお渡しいたします。
  • 自己負担金・送料のお支払いは現金以外(「埼玉りそな銀行への振込」か「LINEPay@の送金」)となります。
  • 薬局からお薬配送を依頼する場合、郵便局や宅配業者のトラブル、天候により到着に時間を要することがあります。

9. 「5. 処方箋をご家族かご本人が来院のうえ受け取る。」場合の注意事項

  • 実際に処方されるお薬(メーカー)は、調剤薬局から連絡がありますので、ご相談ください。
    調剤薬局の取扱いの都合で、これまで当院で処方されていたお薬と異なるメーカーのお薬になることがあります。
  • また、特に耳鼻科特有のお薬で在庫がない場合は、取り寄せ後、翌日以降の受け取りになることがあります。
    特に土曜日など休日(連休)前の場合は休日(連休)明けになることがありますのでご注意ください。
  • 薬局からお薬の配送を依頼する場合、郵便局や宅配業者のトラブル、天候により到着に時間を要することがあります。
  • 会計等へ玄関へ到着されましたらお電話ください。職員が屋外で会計とお薬のお渡しをいたします。
  • 事前に自己負担金をお知らせいたしますので、現金でお支払いの場合は釣り銭のないようご協力をお願いします。
  • 屋外での対応をご希望の場合でも来院時はマスクの着用をお願いします。

10.追加費用(実費負担)

オンライン診療についてにあたって、以下の実費が必要です。

LINE@、Skype@、Facetime@、Duo@で診察し、5. 診療後当院へ直接来院され、会計と院内処方薬を受け取りに来られる場合は追加費用はかかりません。

  • 「5. 院内処方でお薬をご自宅へ送付する。」場合は、梱包料・送料。(800円~)
  • 「5. 処方箋をご指定の調剤薬局へFAXする。」場合は、通信費と郵送費.(100円~)
    (処方箋は調剤薬局へFAXした後、後日当院から薬局へ原本の郵送が必要となっています。個人情報保護の観点等から簡易・普通書留をご希望される場合は別途追加費用がかかります。)
    (また自己負担金等の領収書をご自宅に郵送ご希望の場合は、同様に送料をご負担いただければお送りいたします。基本的には次回のご来院時にお渡しします。)
  • その他、個別の事例で必要な費用が発生した場合は、その諸費用。
  • 調剤薬局にて処方を受けた場合は、処方料・指導料等の自己負担金と場合によると送料のお支払いが必要です。 当院でこれまで院内処方であった方はご注意ください。

 ご不明な点はお電話等でお問い合わせください。