当院におけるスギ花粉症舌下免疫療法について(1/4)

はじめに

スギ花粉症に対しての治療法に免疫療法がありますが、現在行われている免疫療法は皮下免疫療法(アレルゲンを注射する方法)と舌下免疫療法(アレルゲンの溶液を舌の下に含んで服用する方法)の2つの方法が行われています。

このうち舌下免疫療法は、2014年10月に国内で初めてスギ花粉症用の薬(以下 シダトレン®)が健康保険医療用に発売され注目されています。

このページを読まれていると言うことは、ご覧のあなたも興味をお持ちのことと思います。

当院でもこの治療法についての問い合わせが増えてきましたが、あまりに多くのことを理解していただく必要があり、診療時間中に十分な説明は難しいのが実情です。

そこでこの治療の選択にあたりお話ししておくべき事をまとめました。この治療を検討される方は、かなりの長文ですが、是非ともご覧になってよくお考えいただければと思います。

なお、具体的な治療上の指示は多分に医師の裁量によるところがあり、他の医療機関では一部で異なる対応となることがあります。以下はあくまでも当院における対応を述べたものであり、他の医療機関で治療を受ける方は、必ず治療を受ける医療機関で詳細を確認して下さい。

シダトレン®のホームページをご覧下さい

舌下免疫療法についてテレビや雑誌で見聞きされていると思いますが、まずはシダトレン®の発売元である鳥居薬品による一般向けに解説しているホームページ「トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ」をご覧下さい。

シダトレン®による舌下免疫療法の概要は理解していただけたと思いますが、あなたが治療を受けるかどうか判断するにあたり、もうすこし具体的に説明しておく必要があるでしょう。

まずは、治療対象者ついてです。

舌下免疫療法の対象者について

自分でスギ花粉症と思っていても、全員が対象になるわけではありません。また、他の病気などで受けられないこともあります。

対象者

以下の3つの条件を全て満たす方。

  1. 過去数年、スギ花粉の飛散期に、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒みなどの症状が1週間以上続き、花粉の飛散終了とともに治まる。
  2. 血液検査で、スギ花粉IgEがクラス2以上。

    ・スギ花粉IgE検査を受けたのが2年以上前の方は再検査となります。

    ・他の医療機関で行ったスギ花粉IgE検査結果の報告書をなくされた方は再検査となります。

  3. 12歳以上。

舌下免疫療法ができない疾患等

以下のいずれかに当てはまる方。

  • シダトレン®でアナフィラキシーを起こしたことがある。
  • β阻害薬、三環系抗うつ薬、モノアミンオキシダーゼ阻害薬を服用中。
  • 重症の喘息。
  • 全身のステロイド(内服または注射)治療をしているか予定がある。
  • がんなどの悪性腫瘍の治療中。
  • 急性・慢性感染症の治療中。
  • 自己免疫疾患。
  • 妊娠中。

医師と相談を要する要件

以下のいずれかに当てはまる方。

  • 以前にスギ花粉の皮下免疫療法をおこなったことがある。
  • 高血圧症をはじめ心臓血管疾患がある。
  • 口腔アレルギー症候群がある。
  • 歯科治療中、もしくは長期にわたる歯科治療の予定がある。
  • 自己免疫疾患のご家族がいる。
  • 転勤が頻繁にあり、転勤先で加療を継続できる保証がない。
  • 治療期間中に進学の予定があり、進学による転居や時間の確保などの都合で治療を継続できなくなる可能性がある。

次は、「治療効果・治療の流れ」です。